温水洗浄トイレの修理とトイレ交換

温水洗浄トイレの修理とトイレ交換

新築時に設置した温水洗浄トイレは、10年以上の使用に耐えられるように設計されております。

家族数や使用環境によって、10年前後から温水洗浄便座の不調やトイレタンクの部品の故障が出始め、トイレ交換を考える時期に入ってきているといえます。

便器自体は、陶器で作られているので寿命は長いのですが、10年を過ぎるころから、温水洗浄便座に組み込まれた、各種の電子部品の経年劣化による動作不良やトイレタンク内の部品の腐食や劣化等によって、温水器の温度調整不良や便座温度の調整不良、内部接続部分のちょっとした水漏れ、洗浄ノズルの詰まり、脱臭装置の故障等が起り始め、温水洗浄の機能を維持できなくなり、突然、トイレが使用できなくなることで、緊急に修理といったことが起こりえます。

しっかりとしたトイレ交換の価格の情報はすぐに役立ちます。

軽微なトラブルであれば修理や故障部品の交換でよいでしょう。

また、洗浄排水の水が流れにくいとか、タンクの継ぎ目や排水管接続部分から水の浸み出しや漏れといった排水経路に不具合が発生してくると、まず、修理が先行し修理の依頼することでしょう。

しかし、交換部品代、修理費用、出張費用などをあわせると、数万円以上が相場のようです。

10年を経過しているトイレであるならば修理の段階で、最新の節水型温水洗浄のトイレ交換を行ってし、更に、10年使用することを考えれば、省エネと節水でトイレ維持費の節約ができます。

温水洗浄トイレにも種類がいろいろあります。

exciteニュース情報サイトを使用する機会が増えています。

トイレ交換に失敗しないために、設置広さ、トイレ掃除のし易さ、使用環境に合わせ、温水洗浄機能等を考慮し、快適な温水洗浄トイレにトイレ交換したいものです。



Copyright (C) 2015 温水洗浄トイレの修理とトイレ交換 All Rights Reserved.